地球上の天国 – 日本 – 正教会 Heaven on earth – Japan – Orthodox Church

http://orthodox-heart-sites.blogspot.com

ORTHODOX HEART SITES

地球上の天国 – 日本

正教会

Heaven on earth – Japan

Orthodox Church

ORTHODOX CHRISTIANITY – MULTILINGUAL ORTHODOXY – EASTERN ORTHODOX CHURCH – ΟΡΘΟΔΟΞΙΑ – ​SIMBAHANG ORTODOKSO NG SILANGAN – 东正教在中国 – ORTODOXIA – 日本正教会 – ORTODOSSIA – อีสเทิร์นออร์ทอดอกซ์ – ORTHODOXIE – 동방 정교회 – PRAWOSŁAWIE – ORTHODOXE KERK -​​ නැගෙනහිර ඕර්තඩොක්ස් සභාව​ – ​СРЦЕ ПРАВОСЛАВНО – BISERICA ORTODOXĂ –​ ​GEREJA ORTODOKS – ORTODOKSI – ПРАВОСЛАВИЕ – ORTODOKSE KIRKE – CHÍNH THỐNG GIÁO ĐÔNG PHƯƠNG​ – ​EAGLAIS CHEARTCHREIDMHEACH​ – ​ ՈՒՂՂԱՓԱՌ ԵԿԵՂԵՑԻՆ​​

ORTHODOX WEB: http://orthodoxweb.blogspot.com – Email: gkiouz.abel@gmail.com

♫•(¯`v´¯) ¸.•*¨*
◦.(¯`:☼:´¯)
..✿.(.^.)•.¸¸.•`•.¸¸✿
✩¸ ¸.•¨ ​

https://www.youtube.com/channel/UCh-SyalvYgc5U1aGoeXAWRg – YouTube​ – 正教会 Orthodoxy
https://twitter.com/TasosGkiouzelis – Twitter – 正教会 Orthodoxy
https://orthodox-heart-sites.blogspot.com – 正教会 Orthodoxy – ウェブサイト Websites
https://japaneseorthodoxweb1.blogspot.com – 正教会 Orthodoxy
https://japaneseorthodoxweb2.blogspot.com – 質問回答 Questions
https://japaneseorthodoxweb3.blogspot.com – 質問回答 Questions
https://japaneseorthodoxweb4.blogspot.com – 正教会 Orthodoxy
https://japaneseorthodoxweb5.blogspot.com – 正教会 Orthodoxy
https://japaneseorthodoxweb6.blogspot.com – セインツ Saints
https://japanofmyheart.wordpress.com – 正教会 Orthodoxy
https://japanheavenonearth.wordpress.com – 正教会 Orthodoxy
https://ilovejapanorthodoxy.wordpress.com – 正教会 Orthodoxy

<>

聖ニコライの讃詞

Hymn of Saint Nikolai Kasatkin of Japan (+1912)

使徒と等しく同座なる者
忠実にして神智なるハリストスの役者
聖なる神に選ばれたる笛
ハリストスの愛に満ちたる器
我が国の光照者 亜使徒大主教聖ニコライよ
爾の牧群のため 及び全世界のために
生命を保つ聖三者に祈り給え

ソース:

https://www.orthodox-sendai.com

ORTHODOX SENDAI

日本ハリストス正教会教団

東日本主教々区宗務局

<>

キリスト教の土台

The foundation of Christianity

イイスス・ハリストス(イエス・キリストの日本正教会訳)の十字架刑による死と三日目の復活という出来事を「神による人間の救い」として直接体験し、その証人として世界中に伝えたお弟子たちのことを、特別に「使徒」と呼びます。正教会はこの使徒たちの信仰と彼らから始まった教会のありかたを、唯一正しく受け継いできたと自負します。

正教会は中世西ヨーロッパの頭でっかちなスコラ神学や近代の宗教改革も経験しませんでした。東西教会が一つにまとまっていた時代に、五世紀間にわたって合計七回開催された全教会の代表者たちによる会議(「全地公会」)で確認された教えや大切な教会規則、さらに使徒たちの時代にまでさかのぼることのできる様々な教会の伝統を、切れ目なく忠実に守り続けています。それは、キリスト教が問題に直面したときいつも立ち帰るべき「土台」と言ってもよいものです。

神学的には、人間の理解をこえた事柄については謙虚に沈黙するという古代教会の指導者(師父)たちの精神性を受け継ぎ、後にローマ・カトリック教会が付け加えた「煉獄」・「マリヤの無原罪懐胎」・「ローマ教皇の不可誤謬性」といった「新しい教理」は一切しりぞけます。またプロテスタントのルターやカルヴァンらのように「聖書のみが信仰の源泉」だとも「救われる者も滅びる者もあらかじめ神は予定している」とも決して言いません。現代ではかたくなと見えるほどに、古代教会で全教会が確認した教義を、「付け加えることも」「差し引くこともなく」守っているのです。

ソース:

http://nagoya-orthodox.com

http://agoya-orthodox.com/ja/正教会とは.html

名古屋正教会 NAGOYA ORTHODOX CHURCH

<>

教会のあり方

教会組織も、ローマ・カトリック教会のようにローマ教皇をリーダーとして全世界の教会がきちんとまとめ上げられた一枚岩のものではなく、各地の独立した教会がゆるやかに手を結びあっているにすぎません。しかし強力なリーダーシップがないからと言って、意見の違いや聖書解釈の違いで幾つもの教派に分裂してきたプロテスタント諸教会とは異なり、正教信仰と使徒からの教会の姿をすすんで分かち合うことによって「正教会」としての一致を保ち続けてきました。

ソース:

http://nagoya-orthodox.com

http://agoya-orthodox.com/ja/正教会とは.html

名古屋正教会 NAGOYA ORTHODOX CHURCH

<>

日本の正教会

Orthodox Church in Japan

正教会の信仰は、天皇の分野で日本の聖ニコラス(修道院のニコライにおけるイワンDmitrievicカサトキン1836年から1912年)を通過した。1861年、彼は北海道日本の島にHakadateのロシア領事館の司祭として来た。日本は軍事知事、将軍によって支配その時だった。彼らは、16世紀ポルトガルのイエズス会による最初のキリスト教の宣教師の成功の後、持っていた 世紀、キリスト教の信仰1614-1873の職業は禁止。それ以来、すべての日本のキリスト教徒は、過酷な迫害と弾圧にさらされた。それにもかかわらず、日本の長期Kakureのキリシタン(=秘密キリスト教徒)によって参照された地下で観測キリスト教のコミュニティを、散乱。このような状況にもかかわらず、日本人はHakadateに礼拝堂正教会サービスに参加しました。1864年、日本初の正統派の洗礼を受けた。離れて彼の家にいくつかの簡単なの訪問から、日本で1904年から1905年に日露戦争時にもそう、彼の人生のセントニコラスだった。これは、全国の1861から正統派の信仰を広め、日本正教会も献堂最初の司教だった。1863年にHkadateの司教は、首都東京に移動しました。そこに、復活大聖堂は1891年に献堂された、1884年に建てられました。セントニコラスは、彼の群れの、常に継続的な宣教師の熱意を成長させる特別な例示的な方法の羊飼いに充填した。1886年に1万人以上の正統派キリスト教徒のために日本にいた。でも、彼の非キリスト教の仲間の市民に、彼は高い評価を楽しんだ。このように、いわゆる「ニコラスの家」を意味広く正教会ニコライ-DO。セントニコラスは、言語のために良い感触を持っていたし、非常に高度なレベルで日本語を勉強。そこで彼は、Triodion、Pentekostarion、季節の礼拝、詩篇と日本への教会の賛美歌の本を空腹時、新約聖書を翻訳し、正統派の信仰の彼の忠実な深いrootednessの基礎を作成しました。1970聖ニコラス聖人の多数はカウントを埋葬し、「対等の使徒」の称号を持つ昇る太陽の国で彼の布教活動のために授与されました。

日本での自治正教会は3教区に分かれています。東京大司教区は、東京の第一教主、メトロポリタンダニエル(Nushiro)によって、日本全体で向かっている。彼は仙台東日本教区と京都で西日本の教区の司教によって補助される。それは、正統派の神学校や東京の小さな修道院をexestiert。聖ニコラス立っの伝統では、日本の正教会、新約聖書と詩篇、および多くの本は典礼使用するためのもので、正統派の信仰に忠実を指示する。セミナーでは、正教会の新聞「聖教時報」と正統派の本の大部分は公開され、印刷されます。今日、日本正教会は、すべて日本のキリスト教徒の約3%である約30,000の信者を持っています。北の島、北海道で最もであるそのうちの約150正教会の教会を管理する30司祭と助祭5。

<>

日本への伝道

Evangelism to Japan

正教は日本に1861年(文久元年)、ロシアの修道士ニコライによって伝道されました。最初の教会が函館、のちに東京、神田に拠点を移し、東京復活大聖堂(ニコライ堂)を建立しました。

ソース:

http://nagoya-orthodox.com

名古屋正教会 NAGOYA ORTHODOX CHURCH

<>

名古屋への伝道

Mission in Nagoya, Japan

1874年(明治7年)、桶屋町(今の伏見あたり)で「生神女福音教会」として集会を始めました。明治30年頃富士塚町に土地を購入して移転します。日露戦争時には名古屋の各所にたくさんのロシア人捕虜が収容されましたが、日本家屋の小さな教会が捕虜たちの心のよりどころとなりました。大正12年に同地に総2階の聖堂を建設しましたが、第2次世界大戦で焼失し、1949年昭和区山花町に移転しました。1972年に規模を拡大して同地に再建され、やがてそこも手狭となり2006年、市内昭和区山脇町の現在地に移転新築を決定し、2010年1月11日、成聖式を挙行し、新しい地での活動を開始しましたました。

ソース:

http://nagoya-orthodox.com

名古屋正教会 NAGOYA ORTHODOX CHURCH

<>

建物の特徴

Church Architecture

日本では、半円のドームが重なる一九世紀のロシア・ビザンティン様式のニコライ堂、聖職者でもあった建築家河村伊蔵のデザインによる豊橋ハリストス正教会(木造)、函館ハリストス正教会(石造)が正教会建築として有名です。今回名古屋では、正面三連、側面四連のヴォールト屋根にタマネギ型のクーポールを載せた中世ロシアの聖堂建築様式を取り入れました。鉄筋コンクリート造ですが、内部は木の板をたんねんに貼り合わせ、ビザンティン様式の輪型のシャンデリアとともに柔らかい雰囲気をかもし出しています。

ソース:

http://nagoya-orthodox.com

名古屋正教会 NAGOYA ORTHODOX CHURCH

<>

神現聖堂の名称

Theophany

正教会の聖堂はイイスス・ハリストス(イエス・キリスト)や生神女マリアの祭日や聖人の名前をいただきますが、「神現」とは、ヨルダン川で洗礼を受けた神の子イイススに、天が開け聖神(聖霊)がくだり、神、父が「これはわたしの愛する子」と告げ、世の救いのために至聖三者(三位一体)の神がご自身を啓示したできごとに由来します。(聖書マタイ伝三章など)

ソース:

http://nagoya-orthodox.com

名古屋正教会 NAGOYA ORTHODOX CHURCH

<>