私はいつも自分の欠点と真剣に戦おうと思っているのですが、結局何もしようとしません。なぜなのでしょう。 – I always try to fight seriously with my own faults, but I will not do anything after all. Why is that? – Q&A – Saint Paisios of Mount Athos, Greece (+1994)

http://textsorthodoxy.wordpress.com

TEXTS – ORTHODOXY

どうやって霊的弱点から逃れるか

Q&A – Saint Paisios of Mount Athos, Greece (+1994)

***

I always try to fight seriously with my own faults, but I will not do

anything after all. Why is that?

――聖山アトスのパイシイとの対話――

――長老様、私はいつも自分の欠点と真剣に戦おうと思っているのですが、結局何もしようとしません。なぜなのでしょう。

――何だってお前さんはすぐに全部解決しようとあせるのかの。欠点というものは高徳と同じで、一つの輪っかになっているのじゃよ。一つの欠点がもう一つと結びついているように、徳も別の徳とつながっていて、まあ、列車の車両みたいなものじゃな。もしお前さんがある弱点と戦って、自分の心の中にその欠点と正反対の徳を育ててみたとしたら、しまいにはお前さんが戦いに勝つじゃろう。そうやって一つの弱点から逃れれば、結局は別の弱点も克服することが出来、それと同時にお前さんの心に徳は増していくばかりなのじゃよ。

たとえば、お前さんがねたんでいるとする。ねたみと戦って、自分の心に愛や善い行いを育てれば、ねたみばかりでなく、同時に怒ったり、人を議したり、憎んだり、悲しんだりすることから逃れることが出来るのじゃ。

ソース:

http://nagoya-orthodox.com

http://nagoya-orthodox.com/ja/アトスの長老パイシイの教え_どうやって霊的弱点から逃れるか.html

名古屋正教会 NAGOYA ORTHODOX CHURCH

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中